×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

顔のたるみと加齢

世の中すべての女性にとって、いつまでも若くありたい、若く美しい肌を維持したいと思うことは、永久不変のテーマといえるでしょう。加齢とともに大きくなる悩みのひとつに、皮膚のたるみという老化現象があります。この女性にとって大きな悩みの種である顔のたるみは、いったい何が原因で起こるのでしょうか。

顔がたるむ原因の多くは、歳をとるごとに衰える顔の筋肉が、顔の肉を支えきれなくなり、たるみを作ることになるからです。また顔の皮膚の内部にも原因が潜んでいます。コラーゲンやエラスチンといった美肌成分は、歳をとるにしたがって減少し、顔がたるんでくることもあるのです。残念なことに、このコラーゲンやエラスチンといった皮膚成分の加齢による減少を防ぐことはできないのです。

それでだんだんと肌を支える筋力が減少し、筋力の衰えた皮膚と脂肪が増えることでたるみ顔になってしまうのです。歳をとって筋力が衰えてしまい、肌が重力に逆らえなくなって下へと下がってしまうことは、物理的に仕方のないことです。しかしそのままにするのではなく、どうして顔がたるむか原因を探ってみましょう。

それによりたるみの原因を上手にケアしながら、肌にかかる重力の負担を最低限にまで減らすことは可能なのです。加齢により変化していく自分の肌と向き合い確実なたるみ対策を見つけ出しましょう。

関連サイト


顔の筋肉について

顔や首などには30もの筋肉がありますが、中でも顔の筋肉は大変小さく繊細にできています。顔の筋肉が弱ってくると、目が細くなったり、ほおがたれて口角が下がったり、二重あごになったりします。このような症状は女性が何とか避けたいと思うことでしょう。顔の筋肉の中で結構知られているのが表情筋ですが、この名前は顔の表情が動くことからつけられています。

顔の筋肉をエクササイズすることで、顔やせ、子顔の効果が期待できます。唇下からあごに伸びる筋肉が代表的な表情筋で、これは頤筋(おとがいきん)とも呼ばれています。二重あごは、この顔の表情筋が衰えることからできてしまう場合があります。眉の上から額にかけての筋肉が前頭筋(ぜんとうきん)で、これが衰えることは、額の横じわを作ることになるのです。

まぶたを閉じたり開いたりするときに働くのが、眼輪筋(がんりんきん)という筋肉です。目じりのしわや上まぶたのたるみは、この筋力が低下したことで引き起こされます。口角を上げる働きをするのが頬筋(きょうきん)で、この筋力が落ちてくると口角が下がることになるのです。これは怒っているような印象を与える口元の原因になってしまうので注意が必要です。


リンク集1
リンク集2
Copyright © 2008 顔のたるみ All rights reserved.
- ホームページSOS -